釣り具のレビュー

「アジストTZ64SL」テイルウォークのアジングロッドをインプレ

年を追うことに人気が上がっていくアジングゲーム。

やっとアジングロッドの購入を決意した管理人は、テイルウォークのアジングロッド

「アジストTZ」に注目していました。

アジストTZの見た目が個人的に好きだから♪が最大の理由なんですが、それだけでは何も伝わらないんだけど。

実際に使ってみたら、見た目だけが良いだけではなかったので、購入したアジストTZ64SLをインプレしていきます。

テイルウォークのAJIST TZ64SL

アジストTZ64SLのスペック

アジストTZ64SLのスペックを見ていきましょう。

全長:6ft4inc(1ピースモデル)
自重:76g
ルアーWT:MAX5g
ライン:PEラインMAX0.4号
メーカー希望小売価格:30,000円

 

アジストTZ64SLは、どんなロッド

 

テイルウォークのHPに「各アイテムの説明はこちらをクリック」があるので、クリックするとアイテムの説明が開きます。

そこで、アジストTZ64SLの欄を見ると

「1PCソリッドティップモデル。1g前後のジグヘッドに特化したライトジグヘッドスペシャル。”潮を感じながら”スッと抜けるアタリを取れる。」

と記載されています。

やはり!!
アジングロッド特有のシャキッとした固めのロッドを予想していました。

64という長さは、短くなりつつあるアジングロッドでは、長めのロッドになってきますが、他の釣りにも流用できるだろうという事で決めました。

あと、「”潮を感じながら”スッと抜けるアタリを取れる。」という説明に購入決定!という感じもします(笑

実際に届いたアジストTZ64SLを手に持つとさすが自重76gという軽さに意識がいきます。

けどロッドを振ると、イメージしていたよりも柔らかい!

いや柔らかいという表現はおかしいかもしれないが、パッツンパッツンのロッドをイメージしていたので、ティップ部がクイッと入る感じのするアジストにちょっと驚きます。

でも、ティップからバット部にかけてはしっかりと張りがあり大きなアジも引き寄せることがでる強さを感じます。

アジストTZ64SLは、KRコンセプトに軽量チタンガイド、トルザイトリングを搭載しているのでガイドセッティングは何の問題もありません。

一番のお気に入りになったのは、リールシートからバットエンド部のシルエットなんです!

メカメカしいというか冷酷的な感じがするというかEVA素材でないところが好きになりましたよ♪

テイルウォーク アジストTZ【64/SL】Tailwalk AJIST TZ

アジストTZ64SLの使用感は?

実際にアジストTZ64SLでキャストしたり、ロッドの感度や魚とのやり取りはどうなのか?
を実際に使ってみた感想ですが、

キャストは、ロッドが柔らかく感じるといったようにロッドにルアーの重さがよくわかるので、めちゃキャストしやすいロッドになっています。

これなら異様なまでにヒュンヒュンとロッドの風切り音をさせなくても楽にジグヘッドをキャストできます。

ロッドを振り切った後の、ティップの戻りも早いので、ブレることなく狙ったスポットにルアーを送り込めます。

このキャストのし易さは、実際にジグヘッドを付けて投げてみないとわからないだろうと思います。キャストした本人が「キャストしやすい」と思わず感じるくらいですからね。

感度も良好で、着底のコツっと感もバッチリ伝わってきます。

フォール中のバイトもテンションが軽くなる感じや重くなるも感じもしっかりとわかるので、海中のジグヘッドの動きが理解できる!と言えます。

ロッドの強さというかバット部の強さですが、20~25cm くらいのアジでも楽に寄せれます。

もちろんアジだけでなく、メバルなどの根魚がきても不安感はなしです。

 

アジストTZ64SLは、見た目は細身のロッドなのでバット部の強さにも不安がありましたが、魚を掛けてロッドが曲がると反発する強さがわかるという仕上がりになっています。

ひとつだけ難点を上げるとすれば、ロッドエンドがアルミパーツなので冬はとても冷たいという事ぐらいです。

褒めていることばかりですが、個人的にめちゃ気に入ったロッドになった!ということです。

 

まとめ

4万円も5万円もする高額なアジングロッドではありませんが、この性能を持っているアジングロッドが実勢価格3万円を切ってくるのはさすがテイルウォークのロッドだといえます。

最初にロッドを持った感じと実際にフィールドで釣りをする時と、ロッドに対する感覚が違うのがハッキリするロッドです。

次は、55SLか58SLを手に入れようと考えています。

実は、管理人は昔テイルウォークの母体であるエイテックのロッドに注目していました。
船キス用のロッドに管釣り用のロッドも持っています。

しかも、値段が優しいのできっとすぐに買いに走るのは間違いないなぁ(笑

 

この記事も良く読まれていますよ↓


アジングやメバリングで使うスナップはどれがイイ?使いやすいスナップ2選前のページ

さくやんのプロフィール次のページ

ピックアップ記事

  1. 渓流釣りの基本のエサ3種類と川虫の種類
  2. 【フィッシングポイント】津市サーフへキス&マゴチ狙いに行って来ました
  3. アジングのデイゲームを楽しみながら釣果を得る3つのコツ
  4. ナマズ釣りは雨と濁りと増水でバイト倍増!
  5. 早朝からナマズ釣りに行って来ました♪でんぐりガエル鯰SPで遊んできました

関連記事

  1. 釣り具のレビュー

    レジットデザインのワイルドサイドWSS-ST61ULを使ってみたら十分な結果に満足!

    昨年、二十数年振りに七色ダムでバス釣りを楽しみ、この夏も再び七色ダムで…

  2. 釣り具のレビュー

    【クレイジーオーシャン】サウンドBKとホプロン!ついに出たチニング用アイテムをインプレ!

    クレイジーオーシャンと言えば、エギングやジギングで名を馳せているメーカ…

  3. 釣り具のレビュー

    レアリス忍虫を使った沈虫リグを教えてもらったよ!使い方やジグヘッドのサイズは?

    今年教えてもらったリグでレアリス「忍虫」を使った『沈虫リグ』という…

  4. 釣り具のレビュー

    ハゼクランクDRが新登場!ダイワのハゼ釣りルアーをインプレ

    「ハゼクランクDR」と「ハゼクランクMR」がダイワからハゼクランクが新…

  5. 釣り具のレビュー

    バイオベックス「ドラゴンテイル2.2インチ」を使ってみましたよ!レビュー

    アジングやメバリングで発売されている専用のワームはいろいろありますが、…

  6. 釣り具のレビュー

    ミドスト専用ロッドのワイルドサイドWSS-64ULが違う使い方でメインロッド化!?

    七色ダムなどダム系の中層を攻めるのにミッドストローリング(ミドスト)が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTUBE

 

釣りダネのピックアップ記事

Twitter

  1. 釣り具のレビュー

    ミドスト専用ロッドのワイルドサイドWSS-64ULが違う使い方でメインロッド化!…
  2. デイナマズ攻略論

    デイナマズで釣れない人から釣れる人に変身する4つのコツ
  3. 偏光サングラスを知ろう

    偏光サングラスの知って欲しい2つの弱点と手入れ方法
  4. 釣り具のレビュー

    【スミス】キャタピーソフト新登場!ナマズ釣りソフト系ルアーをインプレ
  5. 堤防釣り

    雨でもハゼ釣り!ミャク釣り仕掛けで連チャンもあり楽しみまくり~♫
PAGE TOP